お知らせ 声明・意見書

「被措置児童等虐待ガイドライン」改定案への意見を送りました

投稿日:2022年3月16日 更新日:

AFEEでは、国で行われている「被措置児童等虐待ガイドライン」改定案へのパブコメを提出いたしました。本来であれば会員の皆さんのご意見を頂くところでしたが、日程的なところで対応させて頂きました。※Discordで会員の皆さんに確認頂ける状態で議論しています

「被措置児童等虐待ガイドライン」改定案に対する意見

エンターテイメント表現の自由の会代表 坂井崇俊

■ P11(虐待の要件)
・ポルノグラフィーの被写体などを強要する又はポルノグラフィー等を見せるなどの行為を指します。

【後段の虐待要件について】
広辞苑によるとポルノグラフィーとは「性的興味をそそるような描写を主とした文学・書画・写真・映画の類。ポルノ。」とされており、法令で青少年が閲覧させることを努力義務として禁止されていない少年誌でのお色気表現などもポルノグラフィーに含まれる。

ついては、虐待の要件として以下2点を追加するべきである。

  • 法令で青少年(児童)に閲覧させることを禁止あるいは努力義務として禁止されているポルノグラフィーであること
  • 閲覧を強要する行為であること

会員登録のお願い

まんぼう&ざしき
AFEEでは、マンガ・ゲーム・アニメを楽しむ人の立場から表現規制に反対しているのじゃ。興味のある方、無料メルマガ登録会員登録(1,000円)するのじゃ。(会員の方はログイン

-お知らせ, 声明・意見書

Copyright© AFEE エンターテイメント表現の自由の会 , 2022 All Rights Reserved.