会則

エンターテイメント表現の自由の会 会則

【1】名称

この会の名称は「エンターテイメント表現の自由の会」とする。英語名は「Association for Freedom of Entertainment Expression」とし、略称は「AFEE」とする。

【2】目的

この会は表現の自由および情報アクセスの自由を主張しつつ、マンガ・アニメ・ゲームなどエンターテイメントの全てのジャンルにおいて、わたしたち消費者の権利・利益を守る活動を行う。
※2017年3月4日 会員総会にて変更

【3】超党派性

この会の活動は超党派を旨とし、一党一派には拠らないことを確認する。特定の議員もしくは候補者、会と関係を持つ場合、目的において協力しあう合意をすることを条件とする。

【4】会員

この会に参加の意思を示し、役員会で定める所定の会費を納めた者を会員とする。会員は、別途役員会が定めるサービスを受けることが出来る。会の退会を希望するものは、その旨を編集長に申し出て、役員会での手続きを経て退会できるものとする。
※2017年3月4日 会員総会にて一部変更
※2018年6月17日 会員総会にて一部変更

【5】会員総会

この会は2年に1度、役員を任免するための会員総会を行わなければならない。役員の任免は前任期の役員から提示する人事案への賛否の形で行う。その他、会員の過半数が求めた場合、および役員会の決定で臨時会員総会を開催できる。会員総会は開催の1ヶ月前までに告知されなければならないが、定足数は設けない。

【6】役員会

この会に役員会と以下の役員を置き、日常業務の運営にあたる。
1)編集長(代表者、原則1名)
2)副編集長(副代表者、1名以上)
3)編集長補佐(若干名)
4)編集委員(若干名)
なお編集委員にコーディネーター(総合調整役)、会計担当者、渉外担当者を1名以上置くが、編集長、副編集長、編集長補佐と兼任することができる。ただし、会計担当者は1)2)との兼務は不可とする。その他、編集委員に特定の分野を担当させることができる。以上の分担は役員会の決定による。

【7】監査

この会に監事をおく。監事は会計その他、会の活動を監査し、問題があれば役員会に改善を求め、必要な場合は会員および会員総会に報告する。会員は監事に会の会計や活動について監査を求めることができる。監事による監査の結果を、この会は誠実に受け止め業務に反映する責務を負う。

【8】その他の役職

この会は役員会の決定により、名誉顧問、編集アドバイザー、ナビゲーター、准編集委員などその他の役職を任免できる。
※2017年3月4日 会員総会にて追加

【8-1】倫理規定

会員はこの会の名誉を傷つけ、又はこの会の目的に反する行為を行わないものとする。役員会または監事は疑義のある会員に弁明の機会を付与したうえで、なおも疑義が解消されず、また改善もされない場合は会員資格の停止等の処分を行うことができる。
※2014年8月16日 臨時会員総会にて追加
※2017年3月4日 会員総会にて一部変更

【9】会則の改正およびその他

この会則の改正は、会員総会にて委任状を含めた出席者の過半数の賛成により行う。この会則に定めのない事項が生じた場合は、役員会の決定で判断する。

※2017年3月4日 会員総会にて”団体”を”会”に統一

AFEEについて

まんぼう&ざしき
AFEEはマンガ・アニメ・ゲームの表現の自由を守るための消費者団体なのじゃ。会員登録メルマガ登録Twitterのフォローをするのじゃ!

更新日:

Copyright© AFEE エンターテイメント表現の自由の会 , 2018 All Rights Reserved.