お知らせ

第5次男女共同参画基本計画へのAFEEパブコメの反映状況

投稿日:2021年1月11日 更新日:

AFEEでは2020年9月に「第5次男⼥共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え⽅」についてのパブコメに応募いたしました。その後、第5次男女共同参画基本計画について2020年12月25日に閣議決定がなされました。本計画は令和12年度末までの「基本認識」並びに令和7年度末までを見通した「施策の基本的方向」及び「具体的な取組」を定めるものであり、内容について非常に重要です。今回、AFEEが指摘した事項のうち修正があった個所について主なものを以下に掲載いたしました。

各種資料

主な変更箇所

第1部 基本的な方針

2 社会情勢の現状及び課題
(6)国内外で高まる女性に対する暴力根絶への問題意識 (p10)

原案
〇 世界的にも SNS を中心にセクシュアルハラスメントや性暴力などの性被害の経験を告発する「#MeToo」運動が話題を呼ぶなど、女性に対する暴力に関する問題の根深さが改めて浮き彫りになるのと併せ、これらの問題の根絶を求める声も広がりを見せている。
AFEE指摘事項
「#MeToo」運動は負の側面として、男女間の接触を過度に萎縮させたり、性被害者の証言を無根拠に正としている、私的制裁の性質がある、回復困難な人権侵害の可能性がある等の指摘があり、政府はその負の側面とは一線を画すということを明示するべきである。
修正案(2020.12閣議決定)
〇 世界的にも SNS を中心にセクシュアルハラスメントや性暴力などの性被害の経験を告発する大規模な社会運動が起こるなど、女性に対する暴力に関する問題の根深さが改めて浮き彫りになり、これらの問題の根絶を求める声も高まっている。
第5分野 女性に対するあらゆる暴力の根絶

8 インターネット上の女性に対する暴力等への対応
(1)施策の基本的方向 (p77)

原案
〇 インターネット上のメディアを含む、メディアにおける不適切な性・暴力表現を防止するため、関係機関等と連携した広報啓発の推進等の適切な対応を行う。
AFEE指摘事項
不適切な性・暴力表現の指す範囲が広範であり、また、実在しない人物に対する表現等も含まれる懸念もあり、その点を払拭すべく範囲を限定するべきである。
修正案(2020.12閣議決定)
〇 インターネット上における違法な性・暴力表現の流通等を防止するとともに、関係機関等と連携した広報啓発の推進等の適切な対応を行う。

(2)具体的な取組

原案
③ インターネット上の児童ポルノ画像や盗撮画像等の流通防止対策を推進する。また、インターネット・サービス・プロバイダによるブロッキング等の自主的な取組を引き続き支援し、児童ポルノ画像の閲覧防止対策を推進する。
AFEE指摘事項
盗撮画像等の表現があるが、例えば、公益目的での音声と顔のみを密かに撮影した動画などもこの中に含まれる可能性もあり、法的根拠に基づいた施策となるように定義を明確化し、範囲を限定するべきである。
修正案(2020.12閣議決定)
③ インターネット上の児童ポルノ画像や人を著しく羞恥させ、又は不安を覚えさせるような方法で、衣服等で覆われている内側の人の身体又は下着を盗撮した画像等の流通防止対策を推進する。また、インターネット・サービス・プロバイダによるブロッキング等の自主的な取組を引き続き支援し、児童ポルノ画像の閲覧防止対策を推進する。【警察庁、総務省、経済産業省】
第10分野 教育・メディア等を通じた男女双方の意識改革、理解の促進

4 メディア分野等と連携した積極的な情報発信
(1)施策の基本的方向

原案
〇 新聞・テレビ・映画・ゲーム・インターネットメディア・広告等の多様なメディアやクリエイティブな分野と連携し、男女共同参画に資する広告やコンテンツ等について積極的に情報発信を行うとともに、女性の人権を尊重した表現の推進をはじめ男女共同参画に関する各業界における自主的な取組を促進する。
AFEE指摘事項
「女性の人権を尊重した表現の推進」が指すところの具体的意味が明らかで無いため、「何が男女共同参画を阻害する固定観念であるか」について、国民の議論によって定義づけられるべきである。同時に、「女性の人権を尊重しない表現」について規制するべきというニュアンスと捉えられないような補足文言が必要である。
修正案(2020.12閣議決定)
〇 新聞・テレビ・映画・ゲーム・インターネットメディア・広告等の多様なメディア関係者と連携し、男女共同参画に資する広告やコンテンツ等について積極的に情報発信を行う。また、表現の自由を十分尊重しながら性暴力表現など実在する女性の人権を侵害するような情報への対策をはじめ男女共同参画に関する各業界における自主的な取組を促進する。

今回のAFEEの指摘事項については、修正が十分ではない点や修正がなされなかった点もありますが、少なくとも原案のままではなく修正されたことには意義を感じています。本計画に基づき男女共同参画が進められていきますが、AFEEとしてはその実現については強く賛同すると同時に、安易な表現規制等につながることの内容注視し推移を見守っていきますので引き続きご協力をよろしくお願いいたします。

▼ AFEEへの毎月300円からの寄付はこちら

会員登録のお願い

まんぼう&ざしき
AFEEでは、マンガ・ゲーム・アニメを楽しむ人の立場から表現規制に反対しているのじゃ。興味のある方、無料メルマガ登録会員登録(1,000円)するのじゃ。(会員の方はログイン

-お知らせ

Copyright© AFEE エンターテイメント表現の自由の会 , 2021 All Rights Reserved.