編集委員ブログ

アジアで見た子どもと福祉の難しさ(2)

投稿日:2013年12月15日 更新日:

前回の内容から

あと「児童のレンタル」もあったね。
大人でも乳幼児を抱えていると、稼ぎがいいと。
そこがあざといから友人は
「乳幼児連れは嫌いだ」といってたよ。

そして特にタイだと、
下手に慣れない外国人が助け出そうと目立つ動きすると、
マフィアに銃撃される。
彼らもわかってて、最初は脅しの銃撃から始めたり。

これ「どっかの話」でもなく、バンコクで
いつも遊んでた悪友がラオス国境のほうに遊びに行ったとき、
バスに自分たちと、タイ人の乗客1グループが乗ってて、
到着地でいっしょに降りたら、そっちのタイ人乗客がとたんに銃撃され、
その場で殺されたんだか重態になったんだか。
確認できないのは、関わると自分たちも撃たれかねないから。
すぐ逃げたそうだ。重ねていうけど、親友の実体験だよ。

だからそれこそ問題として関わるには、マフィアの暴力に
対抗できるような、タフな交渉力が不可欠なんだ。
これもまた、アンダーグラウンドな世界。一朝一夕にはできない。
ECPATの本部はバンコクだけど、
そういう暴力と対峙して活動してるんだよね。
そこは本当に敬服する。
映画『闇の子供たち』を連想するかもしれないけれども、
0625_1
あれもタイで評判が極度に悪く、
バンコク・プレミアが中止に追い込まれた。
理由は日本では「タイに都合が悪いから」と理解されたけど、
現地にいてわかるのは、それは全然違う。
タイ側のタフな努力をぜんぜん描いてないし
(単純に「可哀想な被害者」として扱う)、
そもそも移植のために「心臓を取る」とか即死なわけで
(腎臓を取る話は多いけど)、そんな下手なことは、
インテリな病院では絶対しない。
(そんなことしたら、さすがのタイでも大問題。
心臓移植は高度医療だし)。そこをさも「可哀そう…」と
描くのが先進国目線で、失礼だから。
実態に即しているようで、じつは離れている。
そこがタチが悪いわけだ。
日本ユニセフ協会は褒めて推奨してたようだけど。

ただ海外事情って、それだけで読まれにくいし、
信じてもらえにくい(そもそも海外ってだけで
「得意/不得意」が割れる)。
だから「こんな幼児への虐待漫画に
モデルがいないはずが無い!」って空気、
自分はわかるし、それが国際圧力になるから難問だし、
それに対して論理的に説得できず感情的な反発の応酬に
なるのもわかるし、それ(海外への「不得意」)が
安易なナショナリズムと結びつくから、
またまた難問。保守系でも進歩・リベラル系の人でも同じで
「無自覚なナショナリスト」とはなかなか話が通じず閉口。
特権とかいわないで、お互いそれぞれ長所があるんだから、
リスペクトしあえばいいじゃん。それが「個性」じゃん。

とりあえず自分の経験からは、このくらいかな。
おじさんも専門じゃないから実体験以外は言いにくいし、
かといって日本の専門ジャーナリストがタイに行っても
見当外れになるし(それこそ『闇の子供たち』みたいに)、
でも加害者は欲望(性、カネ)のために軽々と国境をまたぐ。
ここをどう統合するかが、むずかしいんだよねぇ。
ずっと体感してきたことなんだけどね。

文責 にしかたコーイチ

-編集委員ブログ

Copyright© AFEE エンターテイメント表現の自由の会 , 2018 All Rights Reserved.