お知らせ 声明・意見書

パートナーしがプラン2025(滋賀県男女共同参画計画)へのパブコメを提出致しました

投稿日:2021年8月16日 更新日:

下記の滋賀県男女共同参画計画へのパブコメについてですが、メール添付漏れの為提出することができませんでした。大変申し訳ございません。パブコメとしての扱いではありませんが、参考として取り扱って頂くことになりました。次回以降、納期に余裕をもって提出することと致します。申し訳ございません

滋賀県では、「(仮称)パートナーしがプラン2025(滋賀県男女共同参画計画・滋賀県女性活躍推進計画)(原案)に対する意見・情報の募集について」のパブコメについて、以下の通り送付致しました。会員の皆さんからの意見募集(Discord)を反映させたものを最終版としてお送りしましたのでご確認ください。

(仮称)パートナーしがプラン2025に対する意見

P19
○不適切な性・暴力表現等の排除に向けた社会的気運を高めるよう、広報・啓発や学習機会の充実を図ります。
○不適切な性・暴力表現等を扱ったインターネット上の情報や出版物などの規制、排除に努め、青少年が有害環境に誘惑されることなく自らを大切にする心をはぐくむよう広報・啓発を進めます。
P20
〇インターネット上における違法・有害な性・暴力表現の流通等を防止するとともに、関係機 関等と連携した広報啓発の推進等の適切な対応を行います。

違法ではない不適切な性・暴力表現の規制・排除、流通等の防止については、何が不適切な性・暴力表現であるか、その定義を行政が行うことは困難である。そればかりか、憲法に定める表現の自由の観点から規制・排除等に対する正当で十分な根拠が無いことから、行われるべきではない。特に排除という行為は行政が行える範囲を逸脱している。

現に国における「第5次男女共同参画基本計画に当たっての基本的な考え方」では、当初素案では「不適切な性・暴力表現」との文言があったが、弊会などの指摘を踏まえ、最終的な閣議決定において「違法な性・暴力表現」と文言が改められた。

本計画においても同様の修正が図られるべきである。

【参考】
第5次男⼥共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え⽅
第5分野 女性に対するあらゆる暴力の根絶
8 インターネット上の女性に対する暴力等への対応

■素案
インターネット上のメディアを含む、メディアにおける不適切な性・暴力表現を防止するため、関係機関等と連携した広報啓発の推進等の適切な対応を行う
https://www.gender.go.jp/kaigi/senmon/5th/masterplan.html

■閣議決定
インターネット上における違法な性・暴力表現の流通等を防止するとともに、関係機関等と連携した広報啓発の推進等の適切な対応を行う。
https://www.gender.go.jp/about_danjo/basic_plans/5th/index.html

※下線はAFEEにて追記

会員登録のお願い

まんぼう&ざしき
AFEEでは、マンガ・ゲーム・アニメを楽しむ人の立場から表現規制に反対しているのじゃ。興味のある方、無料メルマガ登録会員登録(1,000円)するのじゃ。(会員の方はログイン

-お知らせ, 声明・意見書

Copyright© AFEE エンターテイメント表現の自由の会 , 2021 All Rights Reserved.