FAQ


AFEEについて色々なご質問がありましたのでお答えいたします。

Q1 AFEEの目的を教えてください?

A おおまかに、以下の2つの目的をもって活動しています。
・マンガ・アニメ・ゲーム・フィギュア・コスプレ等表現の自由を守ることの啓発
・児童ポルノ禁止法・青少年条例・刑法175条(わいせつ物頒布)等についての啓発

Q2 AFEEはどう読むのですか?

A エーフィーと呼んでください。アフィーではありません。エンターテイメント表現の自由の会(Association for Freedom of Entertainment Expression)の略です

Q3 AFEEはどんな活動をしているのですか

A AFEEでは、以下の3つの活動を中心に行っています
・情報集約サイトやメルマガの企画・運営・発行
・街頭宣伝、各種イベントへの企画・参加やチラシ配布などの啓発
・AFEEの目的に沿った各団体・グループ・個人への育成・支援など

Q4 会費や寄附は何に使われるのですか

A 上記の3つの活動を実現するための経費とさせて頂きます。チラシの印刷代や各イベントへの参加費用、その他必要な会の運営費とさせて頂きます。

Q5 AFEEは特定の党の組織ですか?

A よく誤解されますが、AFEEは規約の中で超党派性をうたっており、党派を超えた活動をしています。役員やオブザーバーの中には与野党第3極の政党関係者・支持者がおります。ただし、普段の活動の中では特定の党派についての議論がなされることはあまりありません。

Q6 反対運動をするにはどうすればいいですか?

A 地元の国会議員や地方議員に陳情してみてはいかがでしょうか。できれば、自分の身分を明かして、丁寧な内容でお願いをしましょう。直接でなくてもメールや電話/FAX等でも常識的な範囲であれば問題はありません。メールやFAXであっても議員本人に届くケースが多いと思われます。議員が無視したりしても決して怒らず、次の選挙の投票の参考にするだけにしましょう。

また普段から市議会を傍聴したり議員が主催する集まりに参加して政治家と顔見知りになることも大切かと思います。選挙運動をすることだけが政治家と関われる機会ではありません。

道路等でのチラシ配布は警察署での道路使用許可が必要になりますのでご注意ください。

Q7 地元の議員以外では誰に陳情するのがよいでしょうか

A 児童買春・児童ポルノ禁止法案は法務委員会で議論される見込みです。ですので、衆議院および参議院の法務委員(特に理事)を中心に行うと効果が高いと思われます。
その他、各種条例であれば、各都道府県の審議される委員会の委員に対する陳情が効果が高いと思われます。
衆議院法務委員一覧
参議院法務委員一覧

Q8 青少年健全育成条例と児童ポルノ禁止法の違いは?

・青少年健全育成条例:性表現のあるマンガなどを区分陳列する
・児童ポルノ禁止法:実在する児童を守る
詳しくは刑法175条(わいせつ)規定、青少年健全育成条例、および児童買春・児童ポルノ禁止法の関係についての記事をご覧下さい

Q9 最新情報はどこで手に入れれば良いですか?

A 当会のTwitterやメルマガでは随時最新情報を提供しています。是非、フォローやメルマガ登録をお願いします。また、他にも各種反対団体があるので、そのサイトを見たりそれらの集会に参加したりするといいと思います。
AFEEウェブサイト
AFEE通信(メルマガ)
AFEEツイッター
表現規制に関係する団体へのリンク